おいしいパンのしくみとしこみ

日々パンの謎を研究しつつ、プレゼントしたくなるような体に優しいお菓子やパンのレシピを綴ります

混ぜるだけのしっとりレアチーズケーキ

泡立て不要、混ぜていくだけでできる、
しっとりもっちりなレアチーズケーキです。
模様はラズベリーソースで描きました。
f:id:tominn:20181118161839j:plain:w450
f:id:tominn:20181118161859j:plain:w450
ケーキ屋さんで売っているレアチーズケーキは、ふわふわの空気のようなムースのケーキが多いですが、
このケーキのようなしっとり固めなレアチーズケーキも、食べ応えがあって美味しいですよ~。

濃厚なのにさっぱりしたレアチーズ生地の土台は、全粒粉を加えたクッキー生地にし、香ばしさを出しました。

クッキー生地は簡単に失敗しないで作れるレシピを載せましたが、もっと簡単に作りたい場合は、市販のクッキーを砕いて土台にしても。

材料はレモン汁無しで作れるので、それも手軽で嬉しいレシピです。
代わりにヨーグルト加えた優しい酸味なので、大人だけじゃなく子どもにも人気のレアチーズケーキです。

<材料>(15cmホール1台分)
*クッキー生地
 薄力粉 70g
 バター 30g
 砂糖  20g

*レアチーズ生地
 クリームチーズ(常温に置いておく)200g
 砂糖  70g
 生クリーム 200mL
 ヨーグルト 60g
 ゼラチン 5g
 あればバニラエッセンス 適量

*デコレーション
 ラズベリーあるいはラズベリージャム

<作り方>
クッキー生地を作ります。
*オーブンは、180℃に温めておきます。
f:id:tominn:20181118161927j:plain:w350
材料を全てボウルに量り入れて
バターを潰してなじませるように、すり混ぜます。
(バターは冷やしたものを細かく切っておくと手早くできます)
f:id:tominn:20181118162237j:plain:w350
バターの粒が無くなったら、
天板にクッキングシートを敷き、
15センチの丸型か、セルクルの底にまんべんなく敷き詰めます。
温めておいたオーブンに入れ、180℃で15分~18分焼きます。
f:id:tominn:20181118162331j:plain:w350
焼き上がったら、お皿やケーキクーラーにとり、冷ましておきます。

レアチーズケーキ生地を作ります。
クリームチーズが硬い場合は、レンジに20秒ほどかけてください。)
f:id:tominn:20181118162123j:plain:w350
クリームチーズと砂糖をボウルに入れます。
f:id:tominn:20181118162059j:plain:w350
クリームチーズが滑らかになるまで泡だて器で混ぜます。
f:id:tominn:20181118162034j:plain:w350
生クリームを少しずつ加えて混ぜます。

f:id:tominn:20181118162521j:plain:w350
別のボールにヨーグルトを量ったら、ゼラチンを加え混ぜます。
f:id:tominn:20181118162533j:plain:w350
レンジにかけ、ゼラチンを溶かします。
(600Wで20秒ほど。80℃くらいになればOKです。)
f:id:tominn:20181118162532j:plain:w350
クリームチーズ、砂糖、生クリームの入ったボールに加え、良く混ぜます。
あれば、バニラエッセンスも加えます。
f:id:tominn:20181118162541j:plain:w350
クッキー生地をお皿にのせ、型やセルクルをかぶせます。
f:id:tominn:20181118162658j:plain:w350
そこに、クリームチーズ生地を流し入れ、平らにします。

ラズベリーソースを作ります。
ラズベリーを潰して濾して、鍋に入れます。
f:id:tominn:20181118162417j:plain:w350
火にかけ、少しに詰めます。
f:id:tominn:20181118192314j:plain:w350
スプーンや、あればスポイト、絞り袋などに入れて、ケーキの上に適当に絞ります。
f:id:tominn:20181118192309j:plain:w350
爪楊枝で、曲線状にのばし模様を描きます。

冷蔵庫でよく冷やし、温めたタオルを巻いて型からはずしたらできあがり。
f:id:tominn:20181118161839j:plain:w350

カヌレ型が無くても美味しい手作りカヌレ

お店で見つけると、つい買ってしまうカヌレ
カヌレ型や糖蜜を使わないと作れないと思っていましたが、作ってみると意外に簡単でとっても美味しい!
f:id:tominn:20181018204355j:plain:w450
チョコレートやアイシングでコーティングバージョンも。
f:id:tominn:20181018204438j:plain:w450
カリっともちっとした食感も、口溶けの良さも、まさにお店で売っているカヌレー!
カヌレはレシピが様々ですが、作りやすくて失敗しにくいレシピにまとめたのでぜひご活用くださいませ。
材料は強力粉を使わず薄力粉のみ。
卵は卵黄だけではなく全卵なので、卵白が残って何かに使わなきゃ…
となりません。
ただ、生地を一晩冷蔵庫に寝かせる工程を省くと失敗するらしいので、
生地は最低でも5時間は寝かせてから焼いてくださいね~。

カヌレ型の代わりに使用した型はコレ↓。
f:id:tominn:20181018204639j:plain:w300
耐熱温度が高く、サイズも気に入ったのでダイソーで購入しました。
他の紙型やアルミ型を使う場合は、耐熱温度に注意です。
(カヌレは高めの200℃で焼くので)
紙の型ではなく、ステンレスのプリン型とかでも大丈夫です。

むしろ手作りカヌレを頻繁に作り始めると、
使い捨ての紙の型より、
カヌレ型を買ってしまった方が経済的…という事実。
正統派のカヌレ型は銅製なのでめっちゃ高い(1個1000円とか)ですが、
安いステンレスやシリコン製のもあるみたいです~。

〈材料〉
(小さめの型13個分)
牛乳 250ml
バニラビーンズ 1/4本分
 (↑なければバニラエッセンス数滴)
バター(加塩でも無塩でも) 13g
薄力粉 85g
砂糖 85g
卵   1個
ラム酒 20g
 (↑子ども向けには牛乳で)
型に塗るバター 適量

〈作り方〉
※1日目
バニラビーンズは鞘を半分に切って種を取り出し、鍋に入れた牛乳に加えます。
(写真は2倍の量で作ってるので注意。)
f:id:tominn:20181018205057j:plain:w250
牛乳が沸騰したら火を止め、冷ましておきます。
f:id:tominn:20181018205007j:plain:w250

バターは鍋に入れ、焦がしバターを作ります。
f:id:tominn:20181018205117j:plain:w250
(面倒な場合はレンジで溶かすだけでも良いです)
泡が小さくなって色づいてきたら火からおろします。
f:id:tominn:20181018205149j:plain:w250
牛乳の鍋に加えておきます。
f:id:tominn:20181018205204j:plain:w250
さらにラム酒も牛乳の鍋に加えておきます。
f:id:tominn:20181018205221j:plain:w250

牛乳とバターとラム酒を合わせたもの(以下(A)とします)が60℃以下になったかを確認します。
(指を入れて、1~2秒なら触れるって感じの熱さ)
60℃以下になったら、他の材料と混ぜていきます。
大きめのボールに、薄力粉と砂糖を量り入れ、泡立て器で混ぜます。
f:id:tominn:20181018205712j:plain:w250
そこに卵を割り入れ、(A)を1/3くらい加え混ぜます。
f:id:tominn:20181018210946j:plain:w250
f:id:tominn:20181018205920j:plain:w250
ある程度混ざったら、残りの(A)も加え均一になるまで混ぜます。
f:id:tominn:20181018205841j:plain
(バニラエッセンス使用の場合はここで加える)
ラップをして、冷蔵庫で一晩寝かせます。
(寝かせることで、焼いたときに膨らみすぎてしまうのをふせぎます)

※2日目
型に塗る用のバターを室温に置いておくか、レンジで少し温め、柔らかくします。
オーブンを200℃に温めはじめます。
あれば刷毛で、無ければ指で、型の内側全体にバターを多めに塗ります。
(刷毛の方が早く均一に塗れるのでオススメです。)
f:id:tominn:20181018211052j:plain:w250
オーブンが温まったら、生地を冷蔵庫から出し、均一になるよう少し混ぜ、型の9分目まで流し入れます。
f:id:tominn:20181018211058j:plain:w250
すぐにオーブンに入れ、50分~60分焼きます。
少し焦げているくらいがちょうど良い焼き加減です。
f:id:tominn:20181018210123j:plain:w250
あら熱がとれたら、型から外し、焼きたてのカリっもちっをお楽しみくださいませ。
f:id:tominn:20181018210134j:plain:w250